大分ブログ

健康診断。

おはようございます。9月16日担当、事務の黒田です。
寄る年波の波高は年々高くなり、諸々の不調は早期発見早期治療。
という訳で、先週渋々健康診断に行ってきました。
日々使うものは、気が付いていなくてもジワジワと経年劣化しています。
特に家屋は、毎日起居していても目の行き届かない場所が、様々あります。
天井裏と床下が筆頭でして、床下であれば白蟻やミツバチなどがいつの間にか住み着いています。
天井裏は、さらにバリエーションがあって、通気口の裏に貼ってある網が破れた、地震などで隙間が出来たともなると、夏はハチにコウモリ、晩秋からはイタチやテンなどの有害鳥獣が居候としてやってきます。
この居候、家主に無断で住み着くだけならまだしも、足音や鳴き声で睡眠を妨げ、排泄物や巣材の確保のために家屋にダメージを与えます。
暑さの盛りも過ぎて、朝晩には秋の気配も感じられるようになったこの時期は、有害獣が来春の繁殖期に向けて営巣場所を探し始める時期でもあります。
前からたまに足音が聞こえていた、お庭で姿を見る事があったけど、何となく後回しにしていたという方は一度、弊社のような駆除業者を手配されて、家屋の健康診断ならぬ小動物の侵入確認を行われてみては如何でしょうか。
天井裏だけであれば、建売住宅規模の物件は一時間強~二時間弱が所要時間の目安になります。
工事の内容や相場などが判り難い業種ではありますので、お見積りを取られた後に、ご家族とご検討の上で工事をご希望の際は改めて、ご依頼のご連絡を戴く流れですので、その場での即断即決は必要ありません。
家屋の内外で、様々な侵入害虫・害獣の調査見積を承っております。
出てきた虫、住み着いた有害鳥獣でお困りの際は、是非日東防疫にご相談ください!

投稿:kuroda
LINEで気軽に相談!
お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい