大分ブログ

モンスズメバチ駆除

おはようございます。

令和3年10月13日水曜日担当の宮本です。

近頃は、コロナ感染者も減少傾向にあり県を

またぐ旅行者も多くなってきた気がします。

ワクチンの効果なのか無症状または軽症の為、

医療機関での受診者が減っているのか?集団

免疫を獲得していった結果なのか真実はわか

りませんが人類生存という意味では前進かと

思っております。

ただ完全に収まったわけではないので気を抜

かずに感染予防を続けていきます。

 

今週の現場ですが、スズメバチ駆除に行かせ

ていただきました。シーズンとしては、あと

少しではあるのですがこの時期の蜂は非常に

狂暴で攻撃的です(>_<)

今回は、歩道脇の草むらの中に巣がつくられ

ていました。邪魔な草や枝をさわるとすぐに

蜂が警戒しでてきます、こちらは防護服を着

ていますので構わず巣が見える状態にし駆除

をおこないました。

モンスズメバチは、21~30㎜で腹部に黄色

と黒で波打った模様が特徴で攻撃性が強いで

す。他のスズメバチと違い日没後も活動する

ため夜間も注意が必要です。

女王蜂以外は越冬しませんが、もうしばらく

蜂が活動しておりますので十分注意してくだ

さい。この時期は巣も大きく個体数も多いこ

とがほとんどなので駆除の際はプロの業者に

依頼をすることをおすすめします。

以上、大分営業所の宮本でした。

 

投稿:miyamoto
LINEで気軽に相談!
お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい