大分ブログ

シロアリ の種類と見分け方

おはようございます。

木曜日担当の原口明男です。

 

シロアリの季節になりました。
シロアリの見分け方をお伝えします。

 

その羽アリやシロアリは本当にシロアリでしょうか? 何という名前のシロアリでしょうか?
シロアリの種類によって、被害の大きさや駆除の方法が違ってきます。
シロアリに対処するためには、まずその名前を知らなくてはなりません。
建物に侵入するシロアリの種類は日本ではごくわずかで、それらを見分けるのは割合簡単です。

建物を加害する白蟻は九州以北では、ヤマトシロアリ、イエシロアリ、アメリカカンザイシロ アリの3種類です。
この3種類は、羽アリや兵アリの形などで識別します。

ヤマトシロアリ


背中の一部と足先は黄色、ほかはすべて黒色。
4~6月、特にゴールデンウィーク頃、穏やかな天気で気温が上がった日。
昼間、数~数千匹の羽アリがいっせ いに現れます。

イエシロアリ

茶褐色。
6・7月、天気がよく急に暑くなった日。

夜、数~数万匹の羽アリが明かりに集まります。

アメリカカンザイシロアリ

 

 

頭と背中の一部は赤褐色、その他は黒色。
6~10月ごろの気温が急に上がった日。
昼間、数十匹の羽アリが、何日かに分かれて現れます。

九州では、この3匹のシロアリがいます。

形や色が違うのでよく見れば分かると思います。

投稿:haraguchi
LINEで気軽に相談!
お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい