大分ブログ

一目瞭然。

おはようございます、事務の黒田です。
気が付けばもう、五月も終わり。一ヵ月前は明日から連休\(^0^)/だったはずなのに…
コロナは相変わらず猛威を揮って、緊急事態宣言も出たままです。
感染された方も、手洗いマスク等個人で可能な限りの対策をされていても、それでも罹患されてしまった方も多いのではないでしょうか。
なまじ目に見えないウィルス相手なので、経路不明の感染も致し方ない側面があると思われます。
ところで百聞は一見に如かずと言います。
粘着トラップを使用した、飛翔昆虫や衛生害虫、ネズミの捕獲結果を定期的にカウントして、問題点の改善や薬剤の散布範囲の見直し等を行う、モニタリング管理という駆除方法があります。
コレは結果がまさに一目瞭然!なのですが、その状況写真は、もはや見慣れた今でこそ無の境地で編集が出来ますが、見慣れるまではそこそこ精神的ダメージがありました(>_<)
それでも管理開始当初は粘着資材に、みっしりと捕獲されていた衛生害虫が、回数を重ねる度に減っていくのを目視で確認できるのは、中々の達成感があります(^-^)
同じ場所でも、捕獲によって発生が多い場所が判れば、そこに重点的に薬剤を設置・散布したり、建物の構造に瑕疵があればその修繕を行ったりと、的確な対処を行いやすくなります。
頑張って清掃しても、薬剤をまいても、全然効果が表れない!何か色々虫が出てくるけど、何の虫か解らない!という場合は、一度弊社のような専門業者による、駆除対象の捕獲調査確認などを行われる事をお勧めします。
飲食店や倉庫、工場などで、様々なモニタリング調査を行っております。
発生の不明な害虫・飛来昆虫でお困りの際は、是非日東防疫にご相談ください!

投稿:kuroda
LINEで気軽に相談!
お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい