大分ブログ

梅雨の間も

おはようございます、事務の黒田です。
少し前のネタですが、東京都知事選は小池百合子前知事の圧勝でした。
コロナの感染が拡大している状況ですが、首都の知事として頑張ってほしいものです。日本の首都が東京だとは、別に定められちゃいませんが。
因みにコチラが、弊社で頑張ってる百合子ちゃんです(^-^)

昨年、会社の草むしりで雑草と間違われて引っこ抜かれΣ(゜ロ゜;)幸い、根っこがついたままだったので、使っていないプランターにそのまま植え替えました。
手塩にかけて水遣りぐらいしかしていなかったのに、何と立派な蕾が付きました。今から咲くのが楽しみです。
さて、夏には夏の花が咲き、春に咲いてた花は、今は濃緑の葉が茂っています。
そしてその葉陰には、今年もシーズンインした毛虫がモサモサと湧いています(>Д<:)デターッ!
気温の高い日中など、葉っぱを齧る音がするほど旺盛な食欲を見せるヤツらは、ちょっと放置するだけで桜や椿などの植込みを丸裸にしてしまいます。
未だに開けない長い梅雨の間、庭に出るのも何かと億劫な天候が続きますが、そんな人間様の気分など毛虫は忖度しません。
毎年、市販の機材と薬剤で消毒するけれど、どうしても被害が出る、樹高が上がってしまって手持ちの機材では対応が難しくなった、庭が広くて自分では管理できない!と、様々な理由があると思います。
実際、弊社ご自慢の桜も、こんな樹勢のいい大木、個人じゃとても消毒出来ないよ…というサイズです。
また、毛虫の毒毛はちょっとした圧で簡単に飛び散る仕様になっているので、防護服などを着用して作業を行わないと、二次被害で最悪、病院行きになったりもします。
全くもって何一つとして良い事がない庭木の害虫駆除は、商売っ気を抜きにしても、専門業者による駆除を行うのが一番です。
一般家庭での樹木消毒も承っております。
庭木の害虫でお困りの際は、是非日東防疫にご相談ください!

投稿:kuroda
お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい