大分ブログ

お薬怖い。

おはようございます、事務の黒田@頭痛持ち。
若かりし頃はそうでもなかったのですが、寄る年波が津波の波高になってきたここ数年、時々頭痛が酷いです(;-;)
以前もたまにあったのですが、薬を飲んだら負けだし、何となく怖い、みたいな無駄な抵抗をしておりました。
しかしある日、どうにも耐えかねて病院で検査、処方してもらった薬を飲んだら、あーら不思議、何時もは数日苦しんでいた頭痛が、スッキリサッパリ!(*’ロ’*)
…因みに頭痛は、市販薬でも処方薬でも、とにかく早めに服薬をするのが最良だそうです。
さて、かくいう弊社も仕事柄、とにかく薬剤を使用しなければ始まりません。
家屋内害虫を駆除する際は、薬剤を霧状にして室内に充満させます。
なので、やはり毒性、安全性などを気にされる方も多いです。
特に小さい子供さんがいらっしゃるお宅であれば、人一倍気になる事でもあると思います。
弊社で使用する薬剤は、安全性の高い認可薬剤を使用しておりますが、何分にも市販品とは見た目からして違いますし、使う量も普段使いとは桁違いです。
虫は死ぬだろうけれど、人間や室内外のペットは大丈夫なの!?とご懸念されて、消毒を躊躇されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
虫が多くて市販薬を何度か試したけれど、効果がない、すぐに再発するけど、業者の使うような強い薬剤は何となく怖い…とお悩みの方は、よろしければメールやお電話にてお問い合わせください。
事前準備や作業後の処理など、判り易くご案内するように心がけております。
これから梅雨の湿度、盛夏の高温で、様々な虫が活発になります。
ヤツらは生息に適した高温多湿の環境下で、どんどん増えていく生き物なので、頭痛薬と同じく、早期に対処するのが肝要です。
●キブリをはじめとする様々な家屋内害虫で毎年お悩みの方は、一度弊社のような専門業者で消毒されてみては如何でしょうか。
一般家庭や飲食店での、衛生害虫駆除も承っております。
家屋内害虫でお困りの際は、是非日東防疫にご相談ください!
…今日は国際薬物乱用不正取引防止デー。どんなお薬も、用法・用量を守って安全にご使用ください(-人-)

投稿:kuroda
お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい