大分ブログ

肥え太る秋。

今日は、事務の黒田@ソフトバンク日本シリーズ三連覇おめでとぉぉぉぉぉ( ;∀;)ノツ
ファーストステージ第二戦から、サクッと十連勝で日本イチとは、常にまして早いお仕事でしたね。
さて、アツい日本シリーズも終われば、霜降を過ぎてそろそろ冬。
日増しに寒くなる晩秋は、天高く馬肥え太る時期です。自分も着々と肥えてます(T▽T)ポテチウマー
着々と肥え太るのは、自宅や倉庫の片隅に住み着いたネズミも同様です。
外が寒くなってくると、暖かくて餌も豊富な人家に、どうにかして潜り込んでくるネズミ。
お仏壇のお供え物や、お台所の食材や生ゴミで肥え太り、しまっていた衣類や紙類を巣材とします。
そしてそこから、文字通り鼠算で爆発的な繁殖により数を増やしていきます(>_<)
市販の粘着シートの設置や毒餌など、今では手軽なネズミの駆除資材が販売されています。
特に毒餌は、昔の悪名高い猫いらずの様な即効性と危険性はなく、ネズミが喫食する事により次第に衰弱して、物陰から出てきて死んでしまうので、あらぬ所に死骸が転がる危険性も低いです。
しかし、市販の粘着シートで捕まえても捕まえてもまだ被害が出てる!となると、家屋の何処かに問題があって、そこから逐次ネズミが侵入している可能性があります。
または、餌となる食品は片付けたけれど、意外と出しっ放しにされているペットの餌が食われている事もあります。
並行して、何時か処分しよう…と思ったまま、何時の間にか部屋の一部に擬態した雑誌や新聞、不要な衣類の物陰が巣となって、そこで次々に増えている事もあります。
生活環境に衛生面でも、精神的な衛生面でも、ネズミが室内にいるというのは、中々にダメージが大きいので、あまりに被害が継続するようでしたら、一度弊社のような専門業者を手配することをお勧めします。
一般家庭でのネズミ駆除管理なども承っております。
ネズミの被害でお困りの際は、是非日東防疫にご相談ください!

投稿:kuroda
お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい