社長の部屋

無駄を失くす…?

7月25日土曜日 日東防疫株式会社 代表 舩津です。おはようございます!

雨が降ったりやんだりと落ち着かない連休です。

連休中もスタッフ達は、交代で現場をしながら

業務を頑張っています。

今日は無駄とは何か?無駄である意味を考えてみたいと思います。

簡単に仕事で無駄な事とは、やることがマイナスで利益が出ない事だと思う。

しかし、無駄の判断は難しい…?

例えば、コロナウイルスで会社や公務員全ての人たちが働き方が変わって来ると、この社長の部屋で紹介しましたが、今後の流れで大きく変わることもあります。

リモート会議を行ったり、在宅勤務は見方によっては無駄を省ける方法にも見えます。

しかし、よく考えると…?

今までは、本社で定期的に会議をしたり、朝、必ず会社勤務していた人たちは必ず、交通機関を使ったり、社用車を使ったりと様々だと思います。この角度で見ると、間違いなく経済効果は上がりませんね。業種によっては、顔を合わせずに業務を進めている会社もあります。

上手く行くか、行かないかは分かりませんが、飛行機や新幹線、バスその他の交通機関は大きなダメージになります。それでなくてもここ半年間も赤字傾向だったと思います。

今回のコロナで世界中が大きく変わって、見た目以上に内容も違って来ています。

私もリモート会議を毎月しています。

在宅もそうですけど、顔を見て仕事がしたいと思います。そうしないと、ちょっと寂しい気がしますけど…。

賛否両論あると思いますが、その辺は考えて行かないと行けないところでしょう。

便利の良い世の中では、何でも出来そうに思いますが、便利が良い分大きな落とし穴がありそうです。

このような流れになると、もっと人間全体の理解とルールを決めないと上手く行かないと思います。

人間事態をアップデートしてから新しい方法を採用するのがベストかな…?

我々もこれからは、まだまだ考えさせられる生活になる気がします。

投稿:o0977243546
お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい