社長の部屋

侵入防止が必要…!

おはようございます!今月も日が経つのが早い気がするのは私だけでしょうか?

この時期になると、業務の方も段々と落ち着いて来ました。気温と共に害虫達も動きが終息して行きます。

今から、弊社でお薦めする事は、動物の侵入を防ぐ事です。動物達は気温が下がると、生活環境が変わります。

気温が下がると哺乳動物は、どうしても暖を取ったり、棲み家をお引っ越ししたり、子供を安心して生む場所を探したりと、安全でエサの豊富な人間の生活環境に入って来ます。

最近は、塗装やリフォームを行うお家が多く見られます。

老朽化や増築、改築と築年数が約10年くらい経つと、家族的に子供が成長して子供部屋を作ったり、水回りをユニットバスにしたり、子供が成人になって出て行ったりと、家族環境が大幅に変わって行きます。

定年後に夫婦2人での生活など、自分たちが住みやすい様にお金を掛けて,ストレスの無い生活を求めてる人も少なくはありません。

ストレスや妥協は人間の体に1番悪いと言われてます。生活に悩まされる辛さは、辛いだけで終わらせて良いのでしょうか?

自分の家ならば、住み安い環境にリフォームしたりして、楽しく毎日を過ごしたい。

そこに建物管理だけではなく、不法侵入してくる動物の問題があります。

一般家庭であればハチ、ムカデ、毛虫、シロアリ、ネズミ、コウモリ、イタチ・テン(有害獣)、蛇、その他害虫など様々です。

出来ればリフォームを行う機会に、侵入防止調査を行うと改善箇所が見つかって、侵入防止策が出来ます。生き物は自分たちが住み良い環境であれば、どうにかして、侵入口を探して入って来る習性があります。

そのような問題から、早目にしっかりとした防除策が出来れば、ほぼ問題ないと思います。

弊社では、このようなご相談件数が毎年、多くなっています。

あまり気が付かない事でしょうが、異常を感じたら1度調査をお薦めします。

いつでもご連絡お待ちしています。

日東防疫(株) フリー 0120-574-410

HP https://www.oita-nittoboueki.com

投稿:o0977243546
お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい