大分ブログ

シーズンオフ。

おはようございます、11月4日(金)担当の事務の黒田です。
日本シリーズ、オリックス優勝おめでとーゴザイマス(棒)
能美さんの最後を日本一で飾ってくれて、ホントに有難う!(;-;)
ようやくのシーズンオフ、来季に向けて英気を養ってね!
来年は隣県のタテジマさんが優勝の予定だけどね!!(願望)
…さて、とうとう今年も残すところ、あと二ヶ月となりました。
涼しくなってからやろうと思ったまま、いまだに放置状態の庭の雑草と向き合うタイムリミットです(>_<)
今年の記録的酷暑にもめげず、すくすく伸びて育った雑草。
ようやく枯れてきましたが、これを放置したまま次の春を迎えると、ムカデの発生源となる可能性があります。
山や森、日当たりの悪い水路や畑など、様々に発生源となる要因はありますが、ご自宅の敷地に問題がある…というケースも散見されます。
雑草や落ち葉の処分、茂っている庭木を剪定して風通しと日当たりを良くするだけでも改善する事はありますが、原因が敷地の外にある場合は困りものです。
毎年シーズンになると、ドラックストアなどでムカデの薬を買ってきて、頑張ってる方も多いのではないでしょうか。
それでも何処かの隙間を見つけては、家屋に入ってくるムカデ。
夜行性の生き物なので、寝ている間に咬まれた時の驚きと痛みは、筆舌に尽くしがたいです。経験者は語ります。
毎年どんなに頑張っても、シーズン中は半ば諦めている…と、無の境地に至りかけている方は一度、ムカデのシーズンオフであるこの時期に、弊社のような専門業者で見積りを手配されてみては如何でしょうか。
相場や消毒方法が判り難いので、躊躇されている方も多いとは思います。
冬場はシーズンオフなので、そこまで気が回らない要因もあります。
しかし、出始めると業者も慌しくなって、ご依頼があっても迅速な対応が難しい場合もあります。
それから見積り→検討→ご依頼を戴いても、天候次第では消毒が日延べになる事もあります。
なので、冬の間に見積りを取って、金額などをご検討されれば、来年の発生時期早々に駆除が可能になります。
個人宅や宿泊室、アパートなどの集合住宅でのムカデ駆除を承っております。
毎年どんなに手を尽くしても、ノイローゼレベルで出てくるムカデにお困りの方は、是非日東防疫にご相談ください!

投稿:kuroda
LINEで気軽に相談!
お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい