大分ブログ

何故、造った。

おはようございます。9月9日担当、事務の黒田です。
白露も過ぎて、今日は長陽の節句。朝晩には秋の気配が増してきました。
近年、ハロウィンが秋の行事として躍進してきました。
仮装の中でもポピュラーなのが、フランケンシュタイン。
メジャー過ぎるゴシック・ホラーの傑作で、出色のコピーは『何故、造った』。
今の時期、ピークのご相談がスズメバチの駆除。
造られてしまったお客様は、まさに何故、造った。と問いただしたくなる事でしょう。
そして中には、何故、突いた。と思う、駆除を試みたばかりに、逆に大惨事になってしまった現場があります(>_<)
スズメバチの活動が最盛期の今、ハチの攻撃性も最大値になっております。
何かが近づいた、どころか、匂いがした、程度でも向かってくるスズメバチ。
巣を突くなどの物理的な刺激があれば、全力を挙げて攻撃してきます。
最近では様々なハチ駆除の機材などが販売されていますが、巣が大きくなっているこの時期では逆に半端な刺激を与えてしまって、却って危険な状況を誘発する可能性があります。
夏の間に茂っていた葉っぱも散り始め、枝に作られたりしたスズメバチの巣が姿を現す頃になりました。
商売っ気を抜きにしても、お盆以降にスズメバチの巣を見つけた際には、弊社のような専門業者を手配して駆除を行う事をお勧めします。
数ある害虫の中でも、命の危険に直結する危険性がある事をご勘考いただければ幸いです。
天井裏や二階軒先といった、難所での駆除も承っております。
見つけてしまったハチの巣でお困りの際は、是非日東防疫にご相談ください!

投稿:kuroda
LINEで気軽に相談!
お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい