大分ブログ

寝不足の原因。

おはようございます。
令和3年10月8日担当、事務の黒田です。
先月に重ねなくてもいい馬齢をまたひとつ重ね、寄る年波は津波レベルorz
簡単な自身の体幹確認で、道路の白線の上を踏み外さずに歩けるか、という事すら出来ませんでした(T-T)
さて、ポンコツ事務員を嘲うかのように、素晴らしい動きを見せるのがイタチやテンのような小動物です。
華麗に庭木を駆け上り、軽やかに枝を伝って、スマートに壁の隙間から天井裏に侵入する有害獣。
キレイな字面で表現してみましたが、有害獣が一度天井裏に人入試、営巣でもしようものなら、天井裏は不潔の一途を辿ります。
排泄物を撒き散らし、場所によっては天井板に染みて悪臭の原因となり、二次災害で虫なども寄ってきます。
さらに夜行性の生き物なので、深夜から早朝にかけて忖度なく暴れるので、寝不足でフラフラになります。
若い頃は映画のレイトショーを見ても元気に働けましたが、先週はレイトショー(上映時間164分!)見て帰ったら、翌日はフラフラでした(;-;)
それが連日連夜の続くとなると、耐えがたい精神的苦痛です。
有害獣は、夏の間は主に外で活動しますが、朝晩が冷え込む頃になると、暖かく安全な人家の天井裏などに侵入して、来年春の繁殖場所を確保しようと躍起になります。
特に一度、安全無事に繁殖を行った場所に帰ってくる習性の強い生き物なので、居なくなったからもう大丈夫(^-^)と夏に油断していても、そろそろ帰ってくる可能性があります。
昨年末から今年の晩春まで、天井裏の騒音・悪臭で酷い目にあった!という方は、本格的な侵入を再度行われる前に一度、弊社のような専門業者による天井裏の調査見積を行う事をお勧めします。
侵入経路の閉塞、排泄物の清掃、ダメにされた断熱材の回収・敷き直し等も承っております。
天井裏の有害獣侵入でお困りの際は、是非日東防疫にご相談ください!

投稿:kuroda
LINEで気軽に相談!
お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい