大分ブログ

秋到来。

今日は、事務の黒田です。
白露も過ぎて、今日からお彼岸。秋到来で、しのぎやすい季節になりました。
秋と言えばスポーツの秋で、今日からラグビーワールドカップも開催です!
地元でも試合があるので、機会があれば是非とも観戦に行きたいものです(^-^)
しかし、自分はやっぱり食欲の読書の秋。
そんなに買ったつもりはないのに、本棚から溢れる本も、そろそろ整理しなければなりません…地震で死ぬ…
家屋内害虫でメジャーなのは、まだまだ頑張る●キブリですが、見慣れないヘンテコ害虫の駆除依頼も時々あります。
チャタテムシやキクイムシ、ゾウムシなど、一般家庭で発生してもおかしくない害虫も多々おりますが、昨今では目にする機会も激減しております。
そして本の多い部屋で起居している自分が、発生を一番警戒するのが紙魚(シミ)です。
日本全国に生息する害虫で、本に付く害虫の代表です(>_<)
害虫の割に人畜無害ではありますが、見た目がとにかく気持ち悪いという特性があります。見た目がキモくない害虫などおりませんが。
大事な本を削るように食害するこの害虫、一番効果的な駆除方法は本の虫干しです。
紙魚に限らず衣類に付く害虫なども、秋の強い日差しと乾いた風が虫にとっては大敵です。
また、アレルギーの原因になりやすいダニなども乾いた環境は苦手なので、秋の晴天時には窓を開けて換気を行い、室内の湿度を下げる事だけでも害虫に対しては効果があります。
乾燥だけでは心配な場合は、市販されている◎ルサンなどの室内用殺虫剤を使用された後、窓の開放などで空気を入れ替えて、掃除機をかけるとベストです。
それでもまだまだ室内に虫が出る、何の虫が出ているのか、何が原因かが判らない…という場合は、一度弊社のような専門業者を手配して、調査を行う事をお勧めします。
なお、その際は可能であれば、発生している虫をセロハンテープなどで数匹捕獲しておいてもらえると、調査に伺った際に虫の発生が収まっていても、虫本体を確認出来て有難いです。
一般家庭の様々な害虫の駆除も承っております。
見慣れぬ虫でお困りの際は、是非日東防疫にご相談ください!

投稿:kuroda
お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい